プロフィール 前田利家

トップ プロフィール トップ
前田利家

若き日は"うつけ犬千代"、やがては"槍の又左"として二人の天下人を支えた。生真面目な律儀者として常に武士の本流を歩く。融通が効かず、頭が固いと揶揄もされるが、静かに重いその胆力で武将隊の底を支える。

主演している演目

  • かぶき御免状 天下人・豊臣秀吉から、「かぶき御免状」を与えられたが、それを破り捨てた前田慶次。叔父の前田利家と仲間の加藤清正が、その理由を問い質すと、今までの生き方を悔い改め「これからは、まっとうに生きる」という神妙な返事。感心する利家ではあったが、そこには慶次のいたずら心が隠されていた。
  • もう一つの桶狭間 1560年(永禄3年)桶狭間の戦い。世に織田信長が今川義元を破った世紀の大逆転劇として知られているが、実はもう1人、この戦いで人生が変わった男がいた。松平元康、のちの徳川家康である。その自慢話を、得意げに前田利家と前田慶次に語り、利家を不快にさせるのだが、そこには家康の狙いがあった。
  • 五大老 自らの死が近いことを悟った前田利家は、最後の力を振り絞り宿敵である徳川家康を訪ねる。先の天下人・秀吉の遺言を伝えながら、今までの家康の不実をなじる。利家の気迫に押され和解を申し出る家康ではあったが、いつしか、共に戦場を駆け抜けた同士としての熱い想いがこみあげてくるのであった。
  • 長篠の戦い ― 家康編 ― 決戦前夜。徳川家康は、「武士の生き様」について、前田利家に問いかける。というのも、自らの命をかけて、援軍の要請を行った長篠城の足軽・鳥居強右衛門に、深く感銘を受けたのからである。武士は、身分を越え、時には敵味方を越え、真の武士道を貫いた勇者に対して最大の賛辞を惜しまなかった。
  • 長篠の戦い ― 慶次編 ― 義理の叔父と甥でありながら、過去の不幸な出来事により、ギクシャクした関係の前田利家と慶次。利家が、慶次の加勢に駆けつけるが「叔父貴の助けは受けん」と慶次は拒否する。素直になれない慶次であったが、ついに本音をぶちまける。利家と慶次が、わだかまりを捨て、初めて心を通わせる。
  • 長篠の戦い ― 利家編 ― 鉄砲隊を指揮して大きな武功を上げたと評判の前田利家に、加藤清正が声を掛ける。実は、利家本人は武辺者として本来の活躍ができず不満を抱いていた。その触れられたくない部分を清正に指摘され、逆ギレする利家。大軍の将になっても「槍の又左」のとしての生き方を貫く利家に、清正は親近感を覚える。
  • 長篠の戦い ― 陣笠編 ― 戦場で活躍する武将たちや他の陣笠を尻目に、くる日も、くる日も、伝言を伝えるだけの陣笠隊。華やかな鉄砲隊や武士道を貫いた鳥居強右衛門の活躍に強く憧れる。そこに信長と秀吉が登場し、合戦においての「伝令」の重要性を説く。心を新たに、自分たちの役割をまっとうしようと心に誓う陣笠隊であった。
前へ
代表的な出陣
ページ上部へ

おもてなし武将隊ブログ

おもてなし武将隊ブログ

武将たちの綴る日々の想いがご覧いただけます。

最新ブログ
公式オンラインショップ
公式フェイスブックページ
武将隊への申請・出動依頼はコチラ

©2009 Nagoya Omotenashi Busho-Tai Secretariat