六人の英傑と那古野

トップ 六人の英傑と那古野

信長14歳、秀吉11歳、家康6歳。1547年、3人の少年がここ那古野で出会った。

「岡崎殿は東、わしは西を頂戴する」。信長と家康の約束は終生守られた。

慶長5年(1600年)関ヶ原の戦いで勝利した家康は、3年後に征夷大将軍に就任。数々の苦難を乗り越えてきた家康が、初めて自由を手にした瞬間である。家康が天下人になって取り組んだことは2つ。それは、信玄、信長、秀吉から学んだ最終勝者ならではの渾身の策であった。ひとつは信長も秀吉も失敗した「世襲制」の確立。もうひとつは二度と戦いを起こさないための徹底した「意識改革」であった。下克上を全否定し「質素倹約」、「文武両道」「質実剛健」の思想を植え付けた。

  • 秀吉と清正の全てがわかる生誕地・中村公園 秀吉と清正の全てがわかる生誕地・中村公園

    地下鉄「中村公園」駅で下車し、日本一の高さの大鳥居をくぐると、そこは豊臣秀吉を祀る豊国神社の参道だ。緑豊かな中村公園内には人々の参拝が絶えない豊国神社の他にも、秀吉の生誕碑や秀吉ゆかりの常泉寺がある。近くの妙行寺は、加藤清正が名古屋城築城の際に、その余材を使って再建した寺。公園内の「名古屋秀吉清正記念館」は、秀吉と清正に関する資料を収集し展示する歴史資料館。定期的に、趣向を凝らした特別展を開催している。

  • 400年前、徳川家康の「名古屋遷府令」により、名古屋が誕生した。 400年前、徳川家康の「名古屋遷府令」により、名古屋が誕生した。

    1609年、ほぼ天下を手中に収めた徳川家康は、「名古屋遷府令」を発布。翌1610年から清須越(清須から名古屋へ移動)が行われ、名古屋城の築城がはじまる。信長の那古野から家康の名古屋に変わった瞬間である。家康は幼少時代に人質として過ごしており、その間に 若き信長と出会った可能性が高い。家康にとっても名古屋は、自分の運命を変えた想い出の土地だったに違いない。

  • 前田利家、加藤清正、前田慶次、天下に名を轟かせた那古野の武将たち。 前田利家、加藤清正、前田慶次、天下に名を轟かせた那古野の武将たち。

    名古屋は有名武将の宝庫である。秀吉と清正は中村公園(中村区)、前田利家と慶次、池田恒興は荒子(中川区)、柴田勝家は上社(名東区)、丹羽長秀、佐々成政、佐久間盛政 も那古野武士だ。
    利家、慶次の発祥地と言われる荒子界隈では、荒子観音、荒子城址など数多くの史跡が残されており、利家が発展させた金沢市尾張町と荒子町は、今でも文化交流を続けている。

おもてなし武将隊ブログ

おもてなし武将隊ブログ

武将たちの綴る日々の想いがご覧いただけます。

最新ブログ
公式オンラインショップ
公式オンラインショップ

名古屋の伝統産業の品が武将隊グッズになりました。

武将隊四周年祭

武将隊四周年のバナーです。こちらのバナーはご自由にお使いください。

ページ上部へ
武将隊への申請・出動依頼はコチラ

©2009 Nagoya Omotenashi Busho-Tai Secretariat